AFCEA 東京 TOKYO TechNet 2018

March 6-8, 2018 | The New Sanno Hotel | Tokyo, Japan

Conference Code of Conduct

All attendees, speakers, sponsors and volunteers at our conference are required to agree with the following code of conduct. Organizers will enforce this code throughout the event. We are expecting cooperation from all participants to help ensuring a safe environment for everybody.
The Quick Version: Our conference is dedicated to providing a harassment-free conference experience for everyone, regardless of gender, gender identity and expression, age, sexual orientation, disability, physical appearance, body size, race, ethnicity, religion (or lack thereof), or technology choices. We do not tolerate harassment of conference participants in any form. Sexual language and imagery is not appropriate for any conference venue, including talks, workshops, parties, Twitter and other online media. Conference participants violating these rules may be sanctioned or expelled from the conference without a refund at the discretion of the conference organizers.
The Less Quick Version: Harassment includes offensive verbal comments related to gender, gender identity and expression, age, sexual orientation, disability, physical appearance, body size, race, ethnicity, religion, technology choices, sexual images in public spaces, deliberate intimidation, stalking, following, harassing photography or recording, sustained disruption of talks or other events, inappropriate physical contact, and unwelcome sexual attention.

Participants asked to stop any harassing behavior are expected to comply immediately.

Sponsors are also subject to the anti-harassment policy. In particular, sponsors should not use sexualized images, activities, or other material. Booth staff (including volunteers) should not use sexualized clothing/uniforms/costumes, or otherwise create a sexualized environment.

If a participant engages in harassing behavior, the conference organisers may take any action they deem appropriate, including warning the offender or expulsion from the conference with no refund.

If you are being harassed, notice that someone else is being harassed, or have any other concerns, please contact a member of conference staff immediately. Conference staff can be identified as they’ll be wearing branded t-shirts.

Conference staff will be happy to help participants contact hotel/venue security or local law enforcement, provide escorts, or otherwise assist those experiencing harassment to feel safe for the duration of the conference. We value your attendance.

We expect participants to follow these rules at conference and workshop venues and conference-related social events.

会議での行動規範

この会議ではすべての参加者,スピーカー,スポンサーとボランティアは以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします.会議主催者は会議の間を通じてこの規範の実施を徹底します.私達主催者は誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています.

一言でいえば: サイテーな人になってはいけません

短いバージョン: 私達の会議では,性別,性的指向,障碍の有無,外見,身体の大きさ,人種,宗教にかかわりなく,全員がハラスメント行為なく会議に参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします.私達主催者は,会議参加者によるハラスメント行為を一切許容しません.性的な言葉や映像表現を使うことは会議場および会議に関連するいかなる場でも不適切であり,その適用範囲は発表やトークの内容,ワークショップ,関連パーティー,ツイッターやその他のオンラインメディアでの発言を含みます.これらのルールを破った会議参加者は,主催者の判断によって,会議内での行動を制限されたり,参加費の返却なく会議からの追放処分を受けることがあります.

ちょっと長めのバージョン: ハラスメント行為には,言葉による性別,性的指向,障碍の有無,外見,身体の大きさ,人種,宗教に関する攻撃的なコメント,公的空間での性的な映像表現,意図的な威力行為,ストーキング,つきまとい,写真撮影や録音によるいやがらせ,トークやその他の会議イベントに対して繰り返して中断しようとする行為,不適切な身体接触,そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます.

参加者は,これらのハラスメント行為を止めるように求められた場合,すぐに従わなければなりません.

スポンサーもまた反ハラスメント行為ポリシーに従わなければなりません.特に,スポンサーは性的な関心を引き起こす映像表現,活動,あるいはその他の物品を使うべきではありません.ボランティアを含め,ブースのスタッフは,性的な関心を引き起こすような服装/制服/コスチュームを使うべきではありませんし,その他の手段で性的な関心を引き起こすような環境を作ることもすべきではありません.

参加者がハラスメント行為に属するふるまいをした場合は,会議主催者は適切と判断した範囲で,当該行為を行った者に対する警告や,参加費を返還せずに会議から追放処分とするなどを含むいかなる行動も取ります.

もしあなたがハラスメントに遭った場合,他の人がハラスメントに遭っている場合,あるいは他に気になることがあった時は,すぐに会議スタッフの誰かに連絡していただくようお願いします.会議スタッフは会議のブランドを付けたTシャツを着ています.

会議スタッフは,ハラスメントを経験した人が,会議期間中安全かつ安心と感じられるように,参加者がホテル/会場の警備や近隣の警察に連絡すること,付き添い者の提供,およびその他の支援を行います.私達にとってあなたが参加しているのは大事なことなのです.

私達は参加者が会議場とワークショップ会場,また会議に関連したソーシャルイベントにて,このルールに従うことを望みます.